HAKUTO最前線

仲間か。ライバルか。インドチームTeamIndus待望の来日。日本とインドのローバー初共演。

2017.04.21

HAKUTOとKDDI株式会社は、2017年4月23日(日)より、月面着陸船の相乗りパートナーのTeamIndusを招いて『au×HAKUTO 民間月面探査チーム「HAKUTO」スペシャルイベント in TeNQ』を開催します。

HAKUTOの月面着陸船の相乗りパートナーであるインドチームTeamIndusの来日に合わせて、日印共同イベントを企画しました。相乗り契約締結後にTeamIndusが来日し、一般公開イベントへ参加するのは初めて。HAKUTOが相乗りする月面着陸船を開発するTeamIndusの技術や思いに直接触れることができるチャンスです。

会場は、東京・水道橋の宇宙ミュージアム TeNQ。「宇宙を感動する」を施設コンセプトに、心打つ星空、圧倒的な宇宙空間、最先端のサイエンス、宇宙からインスピレーションを受けたカルチャーを楽しめるエンタテインメント施設です。

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)

特に、一般公開初日の4月23日(日)は「HAKUTO FAN MEETING 2017 SPRING」と題して、HAKUTO代表の袴田武史がTeamIndusのメンバーと対談セッションを行い、さらにHAKUTOのローバー”SORATO”とTeamIndusのローバーが初共演。本イベント限定で両チームのローバーがデモンストレーション走行し、一般来場者も参加できる操縦体験会(抽選)を行います。

また最先端かつ学術に裏打ちされたTeNQならではの特別企画「月のサイエンス講座」では、TeNQリサーチセンター長でもある東京大学大学院の宮本英昭教授の全面的な協力のもと、学術と本物に裏打ちされた月のサイエンスを紹介するほか、またアポロ計画で撮影された月面の画像などを用いて、ローバーの展示、操縦体験スペースで月面を再現します。

また、5月7日(日)までの展示期間中、HAKUTOのローバー”SORATO”と、TeamIndusのローバーの“実寸大パネル”と月のサイエンス映像を展示し、4月29日(土)と30日(日)はHAKUTOのローバー”SORATO”のローバー操縦体験とHAKUTOメンバーによる講演も実施する予定です。

※4月29日、30日はTeamIndusのローバーの操縦体験は行いません。

この機会に、ぜひTeNQで月を目指すHAKUTOとTeamIndusのミッション、技術、そして本物の月のサイエンスに触れてみてください。

【イベント実施概要】

■名称
au×HAKUTO 民間月面探査チーム「HAKUTO」スペシャルイベント in TeNQ

■日時
<HAKUTO FAN MEETING 2017 SPRING>
4月23日(日)第1部 13:00〜15:00、第2部 17:00〜19:00

<展示>
4月23日(日)〜5月7日(日) TeNQ開館時間

■場所
宇宙ミュージアム TeNQ (東京都文京区後楽1丁目3番61号 東京ドームシティ 黄色いビル 6F)

■内容
<HAKUTO FAN MEETING 2017 SPRING> 4月23日(日)
・HAKUTOのローバー“SORATO”とTeamIndusのローバー展示
・au×HAKUTO MOON CHALLENGE のミッション説明パネル展示
・月のサイエンス、月探査の歴史講座
・HAKUTOとTeamIndusの対談セッション
・HAKUTOのローバー“SORATO”とTeamIndusのローバー同時操縦体験

<展示> 4月23日(日)〜5月7日(日)
・HAKUTOのローバー“SORATO”とTeamIndusのローバー実寸パネルの展示
・au×HAKUTO MOON CHALLENGEのミッション説明パネル展示
・月のサイエンス、月探査の歴史展示
・HAKUTOローバーの操縦体験(4月29日(土)、4月30日(日)のみ)
・HAKUTOメンバーによる講演(4月29日(土)、4月30日(日)のみ)

■料金
TeNQへの入場チケットが必要です。
TeNQチケットカウンターにHAKUTOイベントクーポン(HAKUTO FAN MEETINGキービジュアル)を提示して当日入館券をご購入ください。

■主催
HAKUTO、KDDI株式会社
協力:TeamIndus、東京大学
監修:東京大学大学院宮本英昭教授
会場協力:宇宙ミュージアム TeNQ、株式会社東京ドーム

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)の詳細はこちらから。

  1. 1

SHARE

前の記事へ